井戸専門の職人さんによる掘削作業
(A-2号室の前で)
七番館の井戸は手掘りで作業を行っています。
掘りはじめて数時間で約3mの深さまで達しました。
まさに職人芸ですね!


10mの深さまで掘った井戸。
水がしみ出してくる地層の上にはコンクリートの
枠をはめ込んでいます。
コンクリートの枠に鉄の蓋をボルトで固定し、
井戸の内部に設置したパイプを近くに設置した
ポンプまで接続しているところです。